アコム借入返済トラの巻!!10万~50万は?100万以上では?借入額別のコツも徹底検証!!

Uncategorized

アコムからお金を借入れする方は、返済について充分に理解しておくことが大切です

アコムの返済や金利について知らなければ、いつまでたっても返済が終わらないということにもつながります。

アコムの返済で重要になるポイントは、金利と約定返済額についての知識です。

利息が幾らになるのかの計算も自分でできるようになっていると安心です。

アコムの返済について分かりやすくまとめていますので、しっかりと確認してから申し込むようにしてください。

アコムで10万~50万円まで借りる時の注意点とは?

アコムから10万円~50万円の少額を借入れする場合は、返済期間を短くすることを意識してください。

返済期間が長くなるほど、借入残高が多ければ多いほど、利息が増えてしまいます。

基本的には、アコムからの借入れは、一時的なもので短期間で返済してしまうようにします。

自動車などの高額な商品を購入する方は、別のローンの利用も検討するようにしましょう。

アコムの基本情報

消費者金融のアコムは、大手の企業として有名で、テレビのCMなどでも頻繁に目にすると思います。

アコムのサービスについて理解するには、貸金業者であるという点がポイントになります

貸金業者は、総量規制の影響を受けています。

年収の3分の1を超える融資が禁止されていますので、例えば、50万円を借りたいときは、年収150万円以上なければいけないことになります。

また、他社に借入がなく、希望額が50万円なら収入証明書なしで申込みが可能です

審査で提出するようにいわれることもありますが、基本的には、運転免許証があれば借入れできます。

アコムの金利はどう決まる?

アコムの金利は、年率3.0%~18.0%までに決まりますが、契約極度額に応じて金利が決められています。

50万円以下の契約極度額の場合は、最高金利の年率18.0%になります

また、審査で100万円以上の限度額が認められると、利息制限法などの法律により、最高でも年率15.0%までとなります。

具体的にいくらの金利に決まるかは、審査をしないと分かりませんが、ほとんどの方は年率18.0%で契約しています。

年率18.0%の金利は、決して低金利ではありません。

例えば、1万円の借入残高がある場合は、30日で148円の利息が発生する水準です。

一見すると大した金額ではないように思いますが、10万円の残高なら1479円、50万円の残高になると7397円の利息の支払いが必要になります。

この計算からも分かるように、年率18.0%の金利に決まったときは、できるだけ少ない金額で借入れをして、短期間で返済してしまう使い方が最も負担が少なくなります。

申し込みから審査完了までの流れ

一般的なアコムの申込みから審査完了までの流れは、次の通りです。

まず、アコムの公式サイトから申込みを行い、入力した審査項目と信用情報機関の情報をもとに1次審査が行われます。

一時審査に通過すると、本人確認の電話と在籍確認の手続きが行われ、最終的にカードの限度額が決まります。

アコムの審査は、申込み完了から審査終了までは、最短30分のスピードで行われています。

審査は非常に迅速ですが、だからといって審査をいい加減にしているわけではありません。

審査項目の入力ミスに気を付けて、正確な情報を伝えないと、審査落ちになることもあるので注意してください。

審査成功率をあげるのに気をつけたい点は?

アコムの審査での成功率を上げるためには、正確な情報を伝えることが大切です

審査を成功させようとして虚偽の情報を伝えるのは論外で、うっかりであっても間違えた情報を伝えると審査に落ちることがあります。

自分の名前や住所を間違える人はいませんが、お勤め先の名称や住所を間違えるケースは少なくありません。

例えば、「株式会社○○建設」が正確な名称だったところを「○○建設株式会社」としてしまうような間違いは結構あります。

住所についても「1丁目2番3号」ではなく「1丁目2番地3」が正式な住所だったということも多くあります。

アコムには6種類の返済方法がある

アコムから借入れしたお金の返済方法には、「インターネット返済」「アコムATMで返済」「提携ATMで返済」「店頭窓口で返済」「銀行振り込み」「自動引き落とし」の6つの種類があります。

どの返済方法を選んでも構いませんが、店頭窓口での返済は、営業時間中に来店しなければなりません。

平日の9時30分~18時が営業時間となっていますので、その時間帯に返済しに行く必要があります

自動引き落としの場合は、返済額が最小返済額とならないように注意して、自分が決めたペースで返済するようにしてください。

返済額は最終借り入れ額で決定する

アコムに対して最低限、入金しなければならない金額のことを約定返済額(最少返済額)といいます

約定返済額は、最終的な借入残高の金額で決ります。

例えば、最終的な契約極度額が30万円以下の場合は、最終的な借入残高の4.2%以上を1,000円単位で入金する必要があります。

借入残高が10万円なら5,000円、20万円なら9,000円以上の金額を返済することになります。

なお、後で詳しく説明をしますが、約定返済額だけの返済では、返済期間が長くなります。

金利の負担も大きくなるので、約定返済額を超える金額を自分で決めて、計画どおりの返済をしていくことが重要になります。

アコムから金利18%で10万円借りた場合の返済例

アコムの金利計算の基本は、「利息の発生額=借入残高×金利×利用日数÷365」の計算式にあります。

例えば、アコムから10万円を金利18%で借入者とすると、30日分の利息は、10万円×0.18×30÷365=1,749円となります。

30日後に借りたお金の全額を返済する場合は、101,749円を入金すれば良いことが分かります。

また、アコムの返済シミュレーションなどで確認すると分かりますが、10万円を毎月1万円ずつ返済していくと、返済期間が11ヶ月になり、利息の合計が7,178円となります。

ところが、毎月5,000円ずつしか返済しない場合は、返済期間が24ヶ月にもなり、利息の合計が15,034円となります。

約定返済額しか返済しない場合は、これを上回る期間の返済期間となり、金利の負担も大幅に増えることになりますので、できるだけ短期間に返済できる計画を立てるようにしましょう。

実は請求通りの金額で返済する必要はない!

アコムへの返済は、請求された金額だけでは返済額が少なすぎます。

仮に年率18%で10万円を借入れして、約定返済額だけを返済していくと、返済期間が67ヶ月となり、利息の支払い合計が37,036円と跳ね上がります。

約定返済額で返済すると、返済期間が長く負担が大きくなるのは、リボルビング方式という返済方式に理由があります。

リボルビング方式は、「借入残高が少なくなると返済額も少なくなる」という点に特徴があります。

一見すると不思議でもなんでもない感じがしますが、借入残高が少なくなるにつれて返済額が少なくなるということは、いつまでたっても返済が終わらないことを意味しています。

カードローンで失敗しないためには、いかに早く残高を少なくして完済にもっていくかにかかっています。

自分で返済計画を考えて、計画どおりに返済していくという強い意志も必要です

借入れする前にしっかりと返済をシミュレーションして、返済計画を考えるということをしてください。

50万円~100万円の借り方!高額でも融資成功する4大コツ

50万円を超える金額をアコムから借りるためには、前提として収入証明書類が用意できていることが必要です。

50万円以下なら本人確認書類だけで申し込めますが、50万円を超えるときは、法律で提出させなければならないと決まっているからです

その他の条件についても詳しく説明していますので、しっかりと確認しておいてください。

利用実績を積んでいること

50万円を超える限度額になるためには、通常は、アコムとの利用実績が多くあることが必要になります

初めての申し込みで限度額50万円を超えるケースがないわけではありませんが、極めて稀なケースであることは確かです。

アコムとの利用実績というのは、毎月の返済に遅れがなく、しっかりと返済ができていることです。

半年から1年程度、延滞せずに返済を続けていると、限度額が50万円を超えることもあります。

なお、限度額の引き上げに際しては、増額の審査を受ける必要があります。

増額を希望する場合は、収入証明書類などを手元に用意してから、アコムに連絡をするようにしましょう。

延滞などがないこと

アコム以外の別会社のローンの支払いで延滞があると、限度額アップは見込めません。

それどころか、増額審査で延滞の事実が確認されると、限度額が引き下げられたりカードが使えなくなってしまうこともあります。

アコムから50万円を超えるお金を借りようとする場合は、アコム以外の金融機関への返済も確実に行うようにしてください。

とくに、クレジットカードの引き落としや携帯電話の料金支払いに遅れがあると、増額が認められなくなるので注意しましょう。

総量規制内であること

50万円を超える限度額が認められるためには、総量規制の範囲内にあることが必要です。

アコムは、貸金業法に基づいて設立した会社で貸金業者という位置付けになります。

貸金業者は、顧客に対して年収の3分の1を超える融資が禁止されています。

50万円超の限度額が認められるためには、150万円超の年収が必要であり、100万円の限度額なら年収300万円以上なければダメだということです。

ただし、個人事業主の場合は、個人事業主向けのカードローンを選ぶことで、年収の3分の1を超える融資も受けられます。

お金の借り過ぎに気をつける必要がありますが、法律による制限はありません。

もし、個人事業主で年収の3分の1を超えるお金を借りようとする場合は、返済シミュレーションなどを利用して、本当に返済できるのかを時間をかけて考えるようにしてください。

安定した収入があること

アコムから50万円を超えるお金を借りるためには、安定した収入がなければいけません

安定した収入というのは、過去から未来へ向けた安定性という意味です。

例えば、毎月20万円の収入があったとしても、その収入が3ヶ月前からあった場合と5年前から毎月20万円の収入がある場合とでは、意味が異なります。

将来についても同じように20万円の収入が得られると予想できるのは、明らかに5年前から毎月20万円の収入があった場合です。

つまり、お勤めをしている会社の安定性も大切ですが、いかに長く同じ会社に勤めているかが大切だということです。

頻繁に転職を繰り返して勤続年数が短いと、収入が安定していないという理由で限度額が少なくなる場合もあります。

実際には、アコムの審査を受けてみないと分かりませんが、50万円を超える限度額を希望するなら、1年以上の勤続年数があったほうがいいでしょう

アコムで100万円以上借りたい時の条件とは?

アコムで100万円以上のお金を借りたいという場合は、まず総量規制の条件をクリアしている必要があります。

総量規制は、上でも説明しましたが借入れする金額が年収の3分の1以下でないとダメだという仕組みです。

100万円の限度額なら年収300万円、150万円のお金を借りたいなら年収450万円がないといけません。

また、100万円超の高額融資を受けたいときは、金利についてもしっかりと理解していないといけません。

100万円の借入残高がある場合は、30日ごとに12328円の利息が発生することになります(年率15.0%で計算)。

この利息に加えて元本も返済しないと借金はなくなりません。

お金に余裕があり、一時的に100万円以上のお金を借りたいなら別ですが、お金に余裕がない状態で借入れしてしまうと、返済に困るのは火を見るより明らかです。

つまり、100万円以上のお金を借りたいときの一番の条件は、100万円以上のお金を返済できる人ということになります。

借入を一本化できる!アコムのおまとめローンとは?

複数の消費者金融から借金をしている方は、アコムのおまとめローン(借り換え専用ローン)を検討できます。

おまとめローンは、総量規制の影響がなく、年収の3分の1を超える融資も認められています。

おまとめローンを利用するメリットがあるのは、借金の総額が100万円を超えている方です。

複数社から100万円未満の残高がある状態では、ほとんどが年率18%近くの金利で借入れしていると思います。

しかし、アコムで借金を一本化してしまうと、利息制限法などにより、最高でも金利が年率15%までに引き下げられます。

毎月の返済額も少なくできることもありますが、借り換え直後の債務整理はできない点には注意するようにしてください。

まとめ

アコムなどのカードローンの利用では、お金を借りれることよりも返済できることの方がはるかに重要です。

金利や返済についてしっかり理解しているのはもちろん、しっかりと返済計画を立てて、計画どおりに返済していかないといけません

また、消費者金融の利用は、基本的に少ない金額を短期間で借入れする目的が最も適しています。

長期的な返済になるほど利息の支払いが増えますので、その点にも注意して利用を考えるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました