アコムのむじんくん解体新書!!コレで実現!?最速融資&クレカ取得!解説&口コミで徹底検証!!

Uncategorized
SONY DSC

アコムは、大手の消費者金融として有名ですが、自動契約機の名前がむじんくんであることもよく知られています。

キャッシングの利用が初めての方は、むじんくんで何ができるのか分からないと思います。

むじんくんを上手に活用すれば、アコムの申し込みから借入れまでの時間を短縮化できたり、手続きを簡単に済ませることも可能です。

むじんくんの基本的な情報についてまとめてありますので、アコムの申込み前にぜひ確認してみてください。

むじんくんの基本情報

むじんくんは、アコムの申し込みができる店舗でもあります。

むじんくんをどのように活用すればいいのか、むじんくんを利用するときの流れについて分かりやすく紹介します。

むじんくんの利点

むじんくんは、アコムの自動契約機です。

自動契約機というのは、アコムのスタッフと対面することなく申込みや契約の手続きができる機械のことです

アコムの場合は、むじんくんという名前が付けられていて、とても多くの人から親しまれています。

むじんくんを利用することのメリットは、誰にも会わずにキャッシングの契約できたり、カードの受取りができることです

一般には、アコムの申し込みはインターネットで行い、カードの受取りだけをむじんくんでするというケースが多くなります。

この方法ならアコムに申し込んだ当日中にカードを受け取ることができるので、即日融資の可能性がある点もメリットといえるでしょう。

むじんくん利用の流れ

インタネットからアコムに申込みをした場合は、契約の手続きとカードの受取りをむじんくんで行います。

まず、最寄りのむじんくんが設置してある場所をアコムの公式サイトで確認し、その場所まで向かいます。

むじんくんがある店内に入れば、あとはむじんくんの画面の案内にしたがって操作をするだけです。

まずは、むじんくんを使ってアコムとの契約手続きを完了させます。

契約が完了したら、アコムのカードがその場で発行されますので、それを受け取れば借入れできるようになります。

この際、運転免許証が必要になりますので、むじんくんに向かうときは忘れずに用意するようにしてください。

返済日は選べる?

アコムの返済期日は、会員が指定した「毎月指定日」か「35日ごと」のどちらかになります

毎月指定日の返済は、アコムの契約の際に指定した日を毎月の返済日にするものです。

例えば、毎月27日を返済日と決めれば、来月も再来月も27日が返済日となります。

35日ごとの返済というのは、前回の借入れまたは返済をした日から35日後が返済期日となる方法です。

35日ごとの返済を選ぶケースは少ないですが、一部の個人事業主に選ばれることがあります。

また、アルバイトやパート勤務などをされている方が35日ごとの返済期日を選ぶのはおすすめできません。

返済日の管理が難しくなるので、毎月決められた日にちを返済日に決めるようにしましょう。

返済金額はいくらから?

アコムの返済額は、契約極度額に応じた約定返済額を上回っていれば、自由に決めることができます。

例えば、契約極度額が30万円以下の場合は、借入残高の4.2%以上の返済が必要になります。

10万円の借入残高があるなら、4,200円以上です

アコムへの返済は1,000円単位で入金していますので、5,000円の入金が必要になることになります。

実際に計算をしてみると分かりますが、約定返済額だけでは、返済額が少なすぎます。

年率18%で10万円を借入れすると、1ヶ月で1,479円の利息が発生します。

5,000円の入金をしたとしても、3,521円しか減らず、借金がなかなか減らないという状況になってしまいます。

アコムの公式サイトに返済シミュレーションがありますので、自分で返済の計画を考えて、そのとおりの返済をすることを心がけてください。

カード発行に時間かかるなら振込キャッシングがおすすめ

自宅の近くにむじんくんがないなど、カード発行に時間がかかる状況なら、振込キャッシングでお金を借りるのがおすすめです。

振込キャッシングは、アコムから銀行振込でお金を借りる方法のことです。

自分の金融機関の口座に振込をしてもらえば、銀行のキャッシュカードを利用してお金を引き出すことができます。

なお、振り込みにかかる手数料は、アコムが負担してくれます。

楽天銀行の口座があれば、24時間いつでも最短1分で振込みが完了します

事前のWEB申し込みをすれば効率的

むじんくんでアコムへの申込みのすべての手続きができますが、申込手続だけをインターネットでする方法が簡単です

携帯やスマートフォンで申込みを完了させて、審査が終わってからむじんくんでカードの受取りをするという方法です。

この方法なら、審査をしてもらっている間にむじんくんがある場所に向かうことができます。

むじんくんで申し込む場合は、審査をしている間は、狭い個室で待機していなければなりません。

審査に時間がかかると1時間近く待たされてしまいます。

申込手続をインターネットで済ませておけば、待機時間を最小限に減らすことができます

小額借り入れからの増額がおすすめな理由

アコムから借入れすることを考えている方は、最初は、少額の限度額を認めてもらい、アコムを利用中に限度額を引き上げてもらうようにしてください

最初から多額の限度額を希望してしまうと、審査で問題となってしまうことがあります。

個人のお金の貸し借りでも、最初から100万円貸してという人に対して、誰でも不信感を抱いてしまいます。

はじめは、家計のやり繰りが厳しいから2~3万円貸してという方がお金を貸してくれる相手も受け入れやすいはずです。

実際にアコムでも最初から多額の限度額を認めることは、多くはありません。

利用中に限度額引き上げの案内もありますので、キャッシングを利用していく中で自分の信用を上げていく方が良いでしょう。

むじんくんで作れるクレジット「アコムACカード」とは!?

アコムのACマスターカードは、キャッシングだけでなく、クレジットカードとしても利用できるカードです。

クレジットカードの利用も検討している方は、ACマスターカードを選べば、1枚のカードで済ませることができます。

審査基準について

ACマスターカードの審査基準は、基本的には、カードローンの申込みと同じです。

審査は、20歳以上であることと、安定した収入があれば、アルバイトやパート勤務の方でも申し込めます。

また、成年に達していることを条件に大学生や専門学校生の方の申込みもできます。

逆に、正社員としてお仕事をしていたとしても、未成年の方は、アコムのACマスターカードの審査には申し込めません。

ACマスターカードの審査は、最短30分というスピードではありませんが、カードの即日発効は可能です

審査が終了したらむじんくんで発行できる点は、カードローンの審査と同じです。

アコムACカードのメリット

アコムのACマスターカードのメリットは、必ずしも多くはありません。

カードを最短即日で発行することができ、債務整理後に信用情報機関の履歴を作るという意味ではメリットになると思います。

最短即日発行できる

アコムのACマスターカードは、申込みをした当日中に発行してもらうことも可能です

審査に申し込む時間帯によりますが、むじんくんを使えば、すぐに利用できます。

カードを即日で受け取りたいときは、できるだけ早めに申込みをすることが大切です。

クレジットカードとキャッシングの両方の審査を行うので、審査に時間がかかることがあるからです。

なお、カードを即日で受け取ることができたからといって、安易にクレジットカードとして使うのはおすすめではありません。

リボ払いや金利について充分に理解してから、使うようにしましょう。

債務整理後のクレヒス構築につかえる

アコムのACマスターカードは、債務整理後にクレジットカードの履歴を作るためだけに申し込むことも可能です。

ACマスターカードに申し込んだことや契約した内容は、信用情報機関に記録として残されます。

債務整理後は、過去の履歴が一切ない状態になりますので、一般のローンの審査に通りにくくなります。

しかし、ACマスターカードだとしても、しっかりと契約できていることが示せれば、他の金融機関の審査担当者が受ける印象も変わります。

もちろん、クレジットカードを利用して、延滞をしてしまうのはいけません。

仮にクレジットカードとして使ったとしても、絶対に延滞しないという強い意志が必要になります。

アコムACカードのデメリット

アコムのACマスターカードに申し込むときは、必ずデメリットについて理解しておいてください。

カードローンとは異なり、とくに気を付けておきたいことがあるからです。

とくにリボルビング返済は、多重債務者になる大きな原因になりますので、充分に理解しておくことをおすすめします。

返済方式はリボルビングのみ

ACマスターカードの返済は、リボルビング方式しかありません

リボルビング方式というのは、カードの利用残高に応じて返済額が変わる点に特徴があります。

例えば、ACマスターカードのクレジットで10万円分の商品を購入した場合は、返済額が3.0%(千円単位)になり3000円を返済することになります

毎月3,000円の返済を継続していき、借入残高が6万円近くまで少なくなると、次の返済額は2,000円になります。

残高が少なくなるに応じて返済額が少なくなっていくので、返済期間が非常に長くなるデメリットがあります。

仮にACマスターカードで1回だけ10万円の商品を購入すると、返済期間が83ヶ月になり、利息額の合計が4万円近くになってしまいます。

リボ払いは危険だといわれるのは、返済額が少なく設定されていて、返済期間が非常に長くなり、金利負担も大幅に増えることが理由となります。

空港ラウンジなどの付帯サービスはない

アコムのACマスターカードには、他のクレジットカードにあるような空港ラウンジが利用できたりする付帯サービスはありません

年会費こそかかりませんが、クレジットカードをもっているだけのメリットというものがないというのがデメリットの1つになります。

もし、クレジットカードを持つことによるメリットに期待しているならば、クレジットカードだけをアコム以外にするという方法もあります。

一括返済ができるクレジットカードにすれば、返済方法も自分の希望に合わせられます。

ポイント還元率も悪い

アコムのACマスターカードにおける還元率は、利用した金額の0.25%に過ぎません。

他のクレジットカードが1%近くのポイント還元をしているのに比べると、クレジットカードを使うメリットが少なくなります。

このようにアコムのACマスターカードに申し込んだとしても、メリットが少なく、デメリットが大きいことが分かります

キャッシングだけのために申し込むケースもありますが、アコムのカードローン申込みをすれば良いだけのことです。

アコムACカードの口コミを紹介!!

「いざという時のために持っているだけ」

アコムのACマスターカードに申込み、そのまま利用せずに持っているという口コミが多くあります。

クレジットやキャッシングは基本的に利用せず、いざというときにだけ使うという方法です

このような使い方をすれば、いざお金に困ったときなどに、慌てることなく借入れでき、即日融資の心配もしなくてすみます

「カードローンだけに使っている」

ACマスターカードのクレジット機能は使わず、キャッシング機能だけを使っているという口コミもあります。

とくに、キャッシングで高額な商品を購入するような使い方ではなく、家計のやり繰りのために2~3万円だけ借りるというケースが多くなります。

「リボ払いを無視して一括返済をしている」

アコムのACマスターカードは、コンビニATMなどを使えば、リボ払いを無視して繰り上げ返済や一括返済ができます。

基本的には、リボ払いだけしかできないように思いますが、提携ATMから入金をすれば、アコムに対して返済できるようになっています。

「カードローンの利用を内緒にするために申し込んだ」

カードローンの利用を家族にバレたくないという理由でACマスターカードに申し込むという口コミもあります。

ACマスターカードなら、一見するとクレジットカードに見えるので、キャッシングをしているとは思いません。

家族にクレジットカードと思わせておけば、アコムからの郵便物があったとしても大丈夫だという口コミも少なからずあるようです。

まとめ

アコムのむじんくんを上手に活用すれば、カードローンやACマスターカードを即日で受取ることも可能です。

ただし、ACマスターカードの申込みをする場合は、リボ払いの状態で返済を続けるのは危険です。

わずか10万円の借入れやクレジットの利用でも、返済に何年もかかってしまうことがあります。

どちらの機能を使うにしても、返済の計画は自分でしっかりと立てなければなりません。

そして、自分のペースで返済をしていけば、クレジットカードやキャッシングで失敗をするということもなくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました